「アラウ.ベビーPresents」妊娠・育児のお役立ちコラム「アラウ.ベビーPresents」妊娠・育児のお役立ちコラム

赤ちゃんの沐浴は毎日するの?お風呂に入れる頻度や手順、ポイント

監修:西田恭之

プロフィール

プロフィール:東海大学医学部医学科卒業。都内市中病院で初期研修後、消化器内科診療に従事。その後は人間ドックでの診療を続けながら恵比寿美容クリニックにて勤務し、現在は院長として診療に従事。

沐浴は、授乳やオムツ替え、離乳食などの大切なお世話のうちの一つ。新生児は家族と一緒に湯船に入れるようになるまでしばらく時間がかかるので、病院から家に戻ったら沐浴のスタートです。

特に初めての赤ちゃんの場合、沐浴は、慣れるまでママもパパも不安を感じやすいお世話です。先輩ママパパたちの体験談だけでは疑問が残る方も多いでしょう。本記事では、沐浴の目的から、頻度、回数、手順、赤ちゃんの体の洗い方まで詳しくご紹介します。

赤ちゃんのお風呂「沐浴」とは?

赤ちゃんのお風呂「沐浴」について解説します。「沐浴」は、大人の「入浴」とはどう違うのでしょうか。以下で詳しく解説します。

沐浴とは?

「沐浴」はベビーバスなどにお湯をためて赤ちゃんを入れ、体を洗ってあげることです。大人が入るお風呂は新しいきれいなお湯を張っても雑菌が存在するといわれるため、生まれたばかりで抵抗力が弱い赤ちゃんには適さないおそれがあります。特にへその緒が取れてしばらく経つまでは、雑菌から守るために細心の注意が必要です。

沐浴を行う期間は?

赤ちゃんに抵抗力がついてくる生後1か月ごろまでは、専用のベビーバスで沐浴を行いましょう。生後1か月を過ぎたら、基本的に家族と同じお風呂でも大丈夫です。ただし、赤ちゃんの体調によって沐浴をやめる時期は変わるので、心配な場合は1か月健診のときに「そろそろ大人と一緒に入浴しても大丈夫ですか」と確認すると安心です。

赤ちゃんの沐浴は毎日行うの?


赤ちゃんの沐浴は毎日行うべき?汗をかきやすい夏と寒い冬では回数も変えたほうがよい?沐浴の頻度と回数について解説します。


沐浴の頻度


沐浴は基本的に毎日行い、清潔にしてあげましょう。赤ちゃんの肌は新陳代謝がとても活発です。汗をかいていないように見えても、実は多くの汗や皮脂を分泌しています。また、ミルクを吐いたとき肌についたり、オムツの中ではお尻がおしっこやうんちで汚れていたりします。

しかし、産後あまり時間が経っていないうえに、慣れないお世話で夜中に何度も起きるママパパは疲れがたまっている時期です。ママパパの体調がすぐれないときや忙しいとき、赤ちゃんの機嫌が悪くぐずりがちな日などは無理をせず沐浴をお休みして構いません。沐浴できない日は、お湯に浸して絞ったガーゼなどで体をきれいに拭いて着替えさせてあげるだけでよいでしょう。

沐浴の回数

基本は1日1回ですが汗をかきやすい夏は、ママやパパの負担にならなければ沐浴の回数を増やしてもよいでしょう。冬でも1日1回は沐浴をおすすめします。寒い季節は赤ちゃんの体が冷えないように室温に気をつけてください。

赤ちゃんを沐浴させるときの手順  


沐浴の準備から手順、ポイントなどについて具体的にご紹介します。


赤ちゃんの沐浴で準備するもの


ベビーバス

大きめサイズのもの、キッチンのシンクや洗面台に置いて使えるコンパクトなものなど、さまざまなタイプがあります。沐浴を行う場所に合わせて選ぶといいでしょう。

ベビーソープ

デリケートな赤ちゃんの肌に優しいものを選んでください。泡ポンプタイプのソープだと、片手で泡を取って洗えるので便利です。

洗面器

すすぎのときや上がり湯を赤ちゃんの体にかけるときに使います。

沐浴布

沐浴のとき赤ちゃんの体を覆うガーゼなど柔らかい素材の布です。赤ちゃんを安心させ、お湯から出ている部分を保温する働きがあります。

バスタオル

赤ちゃんが湯冷めしないように、沐浴後すぐに体をくるんで、押さえるようにして水分を拭き取ります。

着替えとオムツ

肌着とベビー服を重ねて両腕を通し、その上にオムツも広げておくと、湯上がりにスムーズに着替えさせられます。あらかじめ準備をしておくと便利です。

ベビー用保湿ローション

沐浴後の肌は乾燥しやすいので、ベビー用保湿ローションなどを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの沐浴方法

Step1.赤ちゃんをベビーバスに入れる

ベビーバスの7分目くらいまでお湯を入れます。赤ちゃんを沐浴布でくるんで、首とお尻を支えて、足からそっとお湯の中に入れます。洗う動作は利き手がやりやすいので、首を支えるのは利き手ではない方の手がよいでしょう。赤ちゃんの耳にお湯が入らないように、首を支えている手の指でそっと耳をふさいであげてください。

Step2.体・頭・顔をやさしく洗う

赤ちゃんを洗う時は、皮ふを傷つけないようにたっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。頭皮やおでこはもちろん、脇下やひざの裏はしわを伸ばして、指先まで洗い残しのないようにしましょう。胸やおなかはやさしくさするように、背中やおしりは横向きにして洗います。
頭は頭皮をマッサージするように洗いましょう。耳の裏や後頭部も忘れずに。


Step3.泡を洗い流す

洗い終わったらいったんベビーバスの中で全体の泡を落としてから、洗面器に準備しておいた新しいお湯で流します。すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流してください。シャワーが使える場所なら、弱い水圧で流しましょう。


赤ちゃんの沐浴を行う際のポイント


沐浴をする場所

室温や湯温を保ちやすく、洗う人が動きやすい場所で行いましょう。沐浴の場所は、浴室以外にリビングやキッチンでも構いません。ベビーバスがセットできてお湯の準備や片付けがしやすいか、またママやパパが楽な姿勢で沐浴できるかをポイントにして決めるとよいでしょう。温度変化にも気をつけて、夏は赤ちゃんが快適に沐浴できるように、冬は体が冷えないように注意してください。特に冬場の浴室は室温が下がりやすいので、沐浴を行う浴室だけでなく脱衣所なども暖かく保つ工夫が必要です。

沐浴の湯温

大人が浸かるにはぬるく感じるくらいのお湯を使ってください。38℃程度がよいといわれているので、不安な方は温度計で確認してもよいでしょう。室温が下がる冬場はもう少し高めの温度でもよいかもしれません。

沐浴にかける時間

10分程度で手短に済ませるようにしてください。赤ちゃんは体温が高くのぼせやすいので、長湯は禁物です。あまり長くお湯に浸かっていると体力も奪われます。

沐浴をする時間帯やタイミング

季節に合わせて時間帯を工夫してもよく、例えば夏は涼しい朝や夕方、冬は暖かい日中がおすすめです。ただし授乳の直前直後は避けましょう。空腹時はぐずりやすく、満腹時は吐き戻しやすいため、授乳の前後1時間程度は沐浴を避けるように気をつけてください。

ママやパパも赤ちゃんと一緒に沐浴の時間を楽しんで

赤ちゃんがベビーバスの中で気持ちよさそうな表情をしていると、ママやパパも幸せな気持ちになりますね。沐浴は赤ちゃんの体を清潔に保つだけでなく、赤ちゃんとスキンシップできるお世話の一つです。手順やポイントに気をつけながら毎日の沐浴を赤ちゃんと一緒に楽しんでください。

関連記事

人気タグ

関連コンテンツ

運営:サラヤ株式会社

赤ちゃんの肌成長に合わせた本当のやさしさを提供するために、肌刺激の心配がある成分は無添加。アラウ.ベビーは、ママとパパ、赤ちゃんに安心と安全、使いやすさを提供する無添加ベビーブランドです。

詳しくはこちら

PAGE TOP
PAGE TOP