赤ちゃんのスキンケアは3stepで赤ちゃんのスキンケアは3stepで

step1きっちり洗う

おうちで過ごすことの多い赤ちゃんの肌は一見キレイに思われがちですが、新陳代謝が活発なために汗や皮脂で汚れています。汚れやすい頭皮やおでこはもちろんのこと、汗がたまりやすい脇下やひざの裏はしわを伸ばして、指先まで洗い残しのないようにしましょう。オムツやうんち汚れでトラブルの起きやすいおしりも洗って清潔に。
ゴシゴシ洗うのではなく、たっぷりの泡で汚れを包みこむようにやさしく手のひらで洗ってあげましょう。

  • ボディ

胸やおなかはやさしくさするように、背中やおしりは横向きにして洗いましょう。

指の間や足の先、ひざの裏も洗い残しがないように。

  • ヘアー
    頭皮をマッサージするように洗いましょう。耳の裏や後頭部も忘れずに。
  • フェイス
    おでことほっぺはやさしく丁寧に。
  • 柔らかい水圧のシャワーで洗い残しのないように洗い流します。

洗うアイテム

片手でラクラク、なめらか泡ポンプ

赤ちゃんの頭(髪)から足先まで全身洗える泡全身ソープ。きめ細やかでなめらかな泡がお肌をやさしく包みこみ、さっぱりと洗い上げ、すべすべの肌に。泡ポンプで、片手でラクラク手にとれます。

※合成界面活性剤、合成香料、着色料、保存料 無添加
※皮ふ刺激テスト済み(すべての方に刺激がおきないというわけではありません)

column

ボディソープは弱酸性がいい?

弱酸性ボディソープの洗浄成分は、実は合成界面活性剤。その他にもさまざまな合成添加物が配合されています。「アラウ.ベビー泡全身ソープ」は合成界面活性剤をはじめ肌刺激となる成分は一切無添加。せっけんは、肌のうるおいを残して古い皮脂をしっかりすばやく洗い落してくれます。
人の肌には自ら弱酸性に戻る機能が備わっていて、細菌や乾燥から肌を守ってくれているため、「弱酸性だから肌にいい!」というわけではありません

PAGE TOP