アラウ.のこだわり

アラウ.は石油系合成界面活性剤を一切使用せず、ヤシ油とパーム油から高純度に精製された、植物性のやさしい純せっけん成分をつかっています。
純度の高い原料をつかっているので、安全性や肌へのやさしさはもちろん、合成着色料で着色したり、合成香料を加えて原料臭をマスキングする必要がありません。

こだわり1

無添加せっけん

一般的なせっけんは、精製水を用いて製造されるため、水中のミネラル成分と反応して、カルシウムせっけんなどの金属せっけんに変化してしまいます。
そこで、その変化を防ぐために、エデト酸塩などの金属イオン封鎖剤が添加されますが、アラウ.は精製水を用いているため、金属イオン封鎖剤を加える必要がありません。
また、石油系合成界面活性剤はもちろんのこと、合成香料や着色料、保存料などの添加物も一切無添加(洗濯用においては、蛍光剤や漂白剤も無添加)。アラウ.は肌へのやさしさを考えて、肌トラブルの恐れのある合成添加物は加えていません。

こだわり2

洗浄力と肌へのやさしさを考えた処方

アラウ.は、洗浄力と肌へのやさしさを考えて、それぞれの使用シーンに合わせた処方にこだわりました。ヤシ油やパーム油などの油脂から得られる脂肪酸の配合バランスを工夫することで、洗たく用においては泡立ちや汚れ落ちにすぐれた能力を発揮。
お肌に直接使うボディソープや台所用は、肌への刺激を抑えた配合バランスにするなど、より肌にやさしい使用感となっています。

せっけん製法のご紹介

アラウ.は、アイテムの使用シーンを考えて、異なる製法でつくっています。
※製法は一部をご紹介しています。

中和法

原料臭を抑え、天然ハーブが香る

原料となる油脂を分解してつくられた脂肪酸をアルカリと中和反応させる製法。
脂肪酸をそのままつかうことで、せっけんの気になる原料臭が抑えられるので、アラウ.の天然ハーブの香りがいっそう引き立ちます。
洗い上がりに天然ハーブが香るアラウ.洗たく用せっけんなどは、この方法でつくられています。

本釜焚き製法

自然なうるおいを実感

原料となる油脂を精製し、直接釜で焚き込む伝統的な製法。
グリセリンなどを自然な形で含む上質なせっけんがつくられます。この方法では、せっけんができるまでに約100時間以上もかかります。
アラウ.フレッシュハーブせっけんは、高純度精製された植物性油脂を100%使用し、この方法でつくられた無添加せっけんをベースに、天然ハーブ(シソ科植物)をプラスしてつくられています。

こだわり3

すすぎ性が高く、肌への負担が少ない

弱酸性のボディソープのように、合成界面活性剤で作られたもので洗った後、ぬるぬるするのは、肌に洗浄成分や添加物が残っているためだといわれています。
一方せっけんで洗うとすすぎ性が高く、洗浄成分を肌に残さないため、すっきりさっぱりと洗い上がります。この洗い上がりの差が肌への負担が少なく、肌にやさしい証拠です。

こだわり4

皮脂汚れをやさしく落とす

弱アルカリ性のせっけんは油分の多い汚れをやさしく良く落とし、くすみの原因となる皮脂汚れや老化した角質を取れやすくするといわれています。せっけんで洗った後は、高いすすぎ性で洗浄成分を肌に残さないので、万が一残った場合でも数時間後には、ひとの皮ふである弱酸性に戻ります。

せっけんの歴史〜長い歴史をもつ、高い安全性〜

せっけんの起源は、ローマ時代(約3000年前)に「サプルの丘」で生け贄として焼かれた羊肉から滴り落ちる"油"と、薪の"灰(アルカリ成分)"が偶然にまざりあってできた、汚れをきれいに落とす不思議な土だといわれています。
この「サプル」が「ソープ(Soap)」の名の由来といわれ、それから長い間、私たちはこの発見の恩恵にあずかってきました。今私たちが使っているせっけんは、基本的には昔と同じ原料から、同じ原理でつくられています。

時代は変わり、1928年に初めてドイツで高級アルコール系の合成洗剤が登場し、以来さまざまな合成洗剤が開発され広く活用されるようになりました。
しかし、どの時代においてもせっけんは安全性が高く、生分解性にすぐれた自然の洗浄料として、なくてはならない存在です。

こだわり5

天然ハーブの力

それぞれの使用シーンに合わせて、アイテムごとに厳選した天然ハーブ(天然精油)を配合しました。
洗たく用せっけんには、ほのかに香るラベンダー&スペアミントを配合。台所用せっけんには、うるおい植物エキスとしてシソ葉エキス&アロエエキスを配合するなど、使いやすさにこだわりました。
合成香料とは異なる植物素材のナチュラルでさわやかな香りをお楽しみいただけます。

拡大版はこちら

主な天然ハーブのご紹介

  • ラベンダー

    原産国:フランス

    精油は鎮静作用で知られ、ストレスで緊張した心と身体をリラックスさせるとともに、殺菌や抗菌作用の効果も期待されています。

  • スペアミント

    原産国:アメリカ

    古代ギリシャでは香料として用いられ、入浴にもふんだんに使われました。さわやかな香りが好まれ、今ではオーラルケア用品や食品などに多用されています。

  • ライム

    原産国:カリブ諸島

    飲料の香り付けやカクテルなどに使われるちょっとビターな柑橘類の一種。
    スッキリとした香りは気分をリフレッシュさせ、肌を引き締めるはたらきがあるといわれています。

  • ペパーミント

    原産国:米国

    ハーブとしてお茶や料理などに幅広く使われ、ガーデニングではペパーミントを植えることにより、大切な植物の害虫駆除の役割をはたすことができるとされています。
    ペパーミント精油はすっきりとした清涼感のある香りが特徴です。

  • ゼラニウム

    原産国:エジプト

    19世紀の初めに南フランスで栽培が始まり、現在でも香水などの香料として広く利用されているハーブ。
    ローズに似た香りで、心と身体の両面にバランスを整える作用知られ、女性力を高める香りとして人気です。

  • シソ葉エキス

    原産国:中国

    日本でも古くから重用されているハーブ。魚介類に対する解毒作用で知られ、刺身などにこの生葉が添えられているのはそのためです。現在では、抗アレルギー作用や消炎作用に対する研究が行われ、低刺激化粧品などの原料として注目されています。

  • ローズマリー

    原産国:モロッコ、アルバニア、エジプト

    肉や魚の臭い消しのため、料理にもよく使われるハーブ。ハンガリー王妃がローズマリーを処方した化粧水を使った結果、若々しい姿を取り戻したと言われ、スキンケア製品に用いられることの多いハーブです。肌をひきしめ健やかに保つはたらきがあるといわれています。

  • カミツレ(カモミール)

    原産国:エジプト

    日本には江戸時代末期にオランダから輸入され、古くから親しまれているハーブ。ハーブティーなどに用いられるほか、髪にツヤを与えるとされ、ヘアケア用品にも幅広く用いられています。乾燥肌や敏感肌にもおすすめのハーブです。

※製品に使用する天然ハーブ&植物エキスの原産国は予告なく、変更となる場合がございます。

PAGE TOP